神社挙式の前に花嫁衣装の知識を知っておこう【格式ある衣装】

ニュース一覧

新郎新婦

幹事とその依頼先

結婚式を挙げる場合、二次会開催を友人に頼むことに抵抗があるケースもある。このような際には、幹事代行業者を活用することが最適である。幹事代行業者では会場手配から、当日のサポートまでサービス内容により幅広く対応してもらえる。

新郎新婦

挙式の特徴

基本的に結婚式は神様やご先祖様に結婚を誓う儀式ですが、神社挙式では日本古来の神々がその対象になります。神社によって祀られている神様が違うので、神社の祭神が会場選びの選択肢になりうるという特徴があります。また文化財や世界遺産の神社でも挙式できる、というのも神社挙式の特徴の一つです。

会場

準備や申し込み方法を知る

二次会の準備を友人に任せるのが申し訳ないと感じている方は、幹事代行を利用してみてはいかがでしょうか。幹事代行は二次会に関する準備を全て任せる事が可能なので、ご自身達の負担もありません。予約はホームページから行う事が可能です。決める時は会社に足を運んで、対応やプランをチェックしておきましょう。

PICK UP

新郎新婦

幹事とその依頼先

結婚式を挙げる場合、二次会開催を友人に頼むことに抵抗があるケースもある。このような際には、幹事代行業者を活用することが最適である。幹事代行業者では会場手配から、当日のサポートまでサービス内容により幅広く対応してもらえる。

新郎新婦

挙式の特徴

基本的に結婚式は神様やご先祖様に結婚を誓う儀式ですが、神社挙式では日本古来の神々がその対象になります。神社によって祀られている神様が違うので、神社の祭神が会場選びの選択肢になりうるという特徴があります。また文化財や世界遺産の神社でも挙式できる、というのも神社挙式の特徴の一つです。

花嫁衣装の知識

複数の人

知っておくとためになる

神社挙式と聞いて多くの人が真っ先に思い浮かぶのが、白無垢や色打掛姿の新婦さんだと思います。でもどうしてこうした衣装が花嫁衣装になっているのか、詳しく知っている人は少ないでしょう。そこで知っておくとためになる、花嫁衣装の基礎知識と豆知識をご紹介します。白無垢は打掛から掛下まで全身真っ白な衣装で、現在神社挙式における花嫁衣装としては最も格式高いものとされています。そもそも白という色は、古来より神聖な色とされてきました。神道においても重要な儀礼の際には、真っ白な浄衣(じょうえ)という衣服を神職が着用します。また白は無を象徴する色であり、一度無に帰る、つまり生まれ変わって新郎の家風に染まるという意味合いが込められています。色打掛は白無垢と打って変わって色鮮やかで豪華な着物です。元々は高貴な武家の女性の日常着でしたが、裕福な町人などが結婚式用の衣装として用いるようになって今日に至ります。白無垢と同格、またはそれに準ずる格式ある花嫁衣装とされています。また神社挙式では白無垢を着用し、披露宴では色打掛にお色直しするケースもよくあります。最近では上記の二種類が花嫁衣装として定着していますが、もう一つ引き振袖も花嫁衣装として用いられています。振袖は未婚女性が着る最上位の着物とされています。引き振袖は裾の長い振袖のことで、普通の振袖より華やかなのが特徴です。結婚すると振袖は着られなくなるので、独身時代最後の思い出として神社挙式での着用を選択する人もいます。因みに神社挙式の最中は、新婦が綿帽子か角隠しどちらかの被り物をするのが一般的ですが、このうち角隠しは白無垢と色打掛、引き振袖どれでも着用できるのに対し、綿帽子は白無垢のみで着用します。またお色直しせずに白無垢のまま披露宴に臨む場合でも、綿帽子は脱ぐのが通例になっています。

新郎新婦

人気がある

神社挙式が人気なのは、一日一組だけというように貴重に思えるようなところがあるからです。また、予約も殺到しやすく、なかなか都合のいい日にとれないこともあります。まずは、ウェディングプランナーに間に入ってもらいましょう。

新郎新婦

専門家に任せた方が楽

結婚式の二次会は有志が企画して、幹事や司会を決めることが一般的です。しかし、幹事代行業者に任せた方がスムーズにいくこともあります。実際に幹事代行業者は人気があり、スムーズに企画や進行ができてとても楽です。