神社挙式の前に花嫁衣装の知識を知っておこう【格式ある衣装】

ニュース一覧

幹事とその依頼先

新郎新婦

業者活用とその方法

結婚式を挙げる場合、披露宴の後に二次会を開催することも多い。友人のみや極秘多しい人の間のみで二次会を行うこともあり、結婚式を挙げる際には二次会は欠かすことのできないものとなっている。しかし結婚式の二次会を友人に頼む場合、友人に気を使ってしまうことや、頼まれた友人側も断りきれずに引き受けているケースも多々ある。このようなことを防ぐためのサービスとして、幹事代行業者を活用するという方法がある。幹事代行業者では、新郎新婦からの要望に合わせて二次会の準備や当日のサポートなどを行なってもらうことができる。二次会を開催する場合、会場を探すことやその会場の予約、参加者の取りまとめや当日の受付など様々な量力がかかる。これらのことから、幹事を引き受けたくないということや、頼むことに抵抗感が出る。幹事代行業者では、要望に合わせ会場手配をしてもらうことができ、出欠者の取りまとめも行ってもらえる。さらに、当日の受け付け対応や司会進行なども行ってもらえる。いずれの工程においても、経験豊富な担当者が対応してくれるためスムーズに進められる可能性が高まる。幹事代行業者では、選択するサービス内容や業者によりサポート範囲が異なっているケースもある。手厚いサポートを行ってもらうほど、料金が高くかかる傾向がある。その為、例えば当日の司会進行のみは友人に頼むなど、頼みやすい部分は友人にお願いし、その他の部分を業者に対応してもらうなどの活用方法もある。